TAO

10代の時にオーストラリアへ留学。いくつかのホストファミリーと出会い、文化、人種、価値観の違いを身をもって経験する。

その時に、前向きにチャレンジする大切さを実感し、一生のうちにやってみたいことに果敢に挑む。学校の体育はダメダメだったけれど、フルマラソンや富士山登頂、自転車でのしまなみ街道横断などに挑戦。

営業事務職として働きだすと肩コリに悩まされる。

趣味で始めたヨガ。レッスン終わりの体の軽さ、心のもやもやもの解消に魅了され続けていく。

すると、周りで体の不調だけでなく、女性ならではの悩み( PMS、妊活、産後etc )を抱えている方の多さに気づく。

学生の頃に不妊治療と社会について学んだり、学童保育の活動をしていたこともあり、子どもを授かる奇跡、育てる大変さを思い出す。

その影響から、現在、女性のためのヨガについて勉強中。

呼吸と共に動く体の心地よさを一緒に味わっていきませんか。

» ホームへ戻る