TAKA

京都府京都市出身 

京都産業大学を卒業後、地元の商社に勤務。ストレスフルで不規則な生活を送るも、仕事への情熱が止むことはなく日本各地や中国での仕事に没頭する日々を過ごす。

40歳代で独立しメタボ予備軍と診断された頃、“運命のヨガ”と出会う。

ヨガを続けていく中で、自身の肉体的変化にとともに精神的変化にも気づき始め、よりヨガを深く学びたいと思うようになり全米ヨガアライアンス200時間、300時間を修了。David Lynch / Jennie Cohenに師事し、ヨガ哲学、アーサナや呼吸法、解剖学を学ぶ。

ヨガワークスのヨガ指導の原則である、分りやすい指導、思いやりのある指導の実践に努め、ヨガを単なる運動の一種としてではなく、“ヨガを指導する”ことに真剣に努める!

いまも日々いろいろなワークショップやレッスンに積極的に参加し学びを深めている。

現在は、「人はどうすれば健康になれるか?」「人はどうすれば幸せになれるか?」という内面をみつめ、心の内なるヨガの旅を続けている。

» ホームへ戻る