Event & Workshop

【2月17日】HELLO! AYURVEDA~Vol.3 芽吹く春に向けて種をまこう

この特別クラスは、夏~秋~冬の3回連続の女性限定のクラスの第3回目となります。
第1・2回を受講されていない方の単発受講ももちろん大歓迎です。

ヨガは裸足で行いますが、呼吸法やリラックスポーズの際は、羽織ものや靴下があると快適に過ごしていただけます。

クラス内容

凍てつく寒さが続く冬。

 

1日の太陽が出ている時間も短くなり、寒さから外出することもおっくうになってしまいます。寒さとともに食欲が増し運動不足になってくるこの季節は、「むくみ」や「体重増加」や「意欲の低下」など、「カファ(水+地)」のエネルギーが乱れやすくなります。
セルフケアの欠かせないこの季節には、しっかりと栄養のある食事をとり、軽く汗がにじむ程度の運動を取り入れて代謝をあげ、芽吹く春に向かい強く健全なこころとからだづくりをしてみましょう。

前半は、わたし自身も実践しているおすすめの冬の過ごし方やスパイスを使った食事方法、この時期に乱れやすい「カファ(水+地)」のエネルギーについてお話しします。
水のエネルギーにあおられて、心もからだも不安定になっている自分を客観的にみつめて、自分を乱すもの、調和させるものを知り、ヨガやライフスタイルにおいても健やかな選択ができるように整えましょう。

 

後半は、神聖な月のひかりのもとで、重だるい心とからだを調和するアーユルヴェーディックなヨガと呼吸法を行い、芽吹く春に向かう準備をしていきます。自己治癒力を高めていくような、深い睡眠に入っていけるようなヨガの内容となりますので、ビギナーの方から受けていただけます。
しっかりと効果を感じるために、前回よりもヨガの時間をたっぷりとっていきます。

「カファ(水+地)」のエネルギーが調和していれば、寛容で平和的、おだやかなマインドで辛抱強い。
ゆったりとした動作で、目や髪はしっとりとした潤いをもち、見ている者に何ともいえない安心感を与えてくれます。

 

そんな在り方をしたいけれど、現在のわたしはどうだろう?

 

不調和が生じていれば、こだわりが強くなってしまい、捨てられないものはクローゼットや引き出しにたまってゆく。
言いたいことまで胸の内にためて、執着心だけがむくむくと大きくなる。
休日は家にこもりきりで、何かに感動する気持ちまでもうすれてしまった!なんてことも。

 

不調和の理由を知ることで、現在のわたしを知ることが出来ます。

 

ライフスタイルやヨガにおいて、女性として健やかに生きるためのヒントを、アーユルヴェーダの智慧から探り出してみましょう。

※アーユルヴェーダのドーシャとは?

アーユルヴェーダが自然界に存在するものとしてあげている五大元素「火、水、風、空、地」。万物はこれらの要素から成ると言われています。
アーユルヴェーダの3つの生命エネルギーである、ヴァータ(風+空)、カファ(水+地)、ピッタ(火+水)、これらの要素のことをサンスクリット語でドーシャ(体質)といいます。

 

アーユルヴェーダはインドの伝統的な予防医学で、「生命の智慧」という意味を持っています。
病気の症状だけを診察の対象とするのではなく、各ドーシャから構成される人間のからだ、心、魂、つまりはわたしたちのすべてを診察の対象として扱います。
それぞれの人間に対し、それぞれの処方が存在すると考える「個性をみていく」医学でもあります。

こんな方におすすめ
  • 普段頑張りすぎている方
  • 頭のなかが忙しく回っている方
  • むくみや冷えに悩んでいる方
  • なんだかやる気がでない方
  • 胃腸の調子が悪くなりやすい方
  • 妊娠を望まれる方
  • 家事や育児に追われている方
  • 更年期を健やかに迎えたい方夜
  • 眠れない方
  • 生理に関する不調を抱えておられる方 etc…

 

詳細

【開催日】
2018年2月17日(土曜日)18:30〜20:00

【場所】 
TERASU烏丸スタジオ

【定員】 
15名

【レベル】
オールレベル

【参加料】
メンバー)通常チケット(1回分)+¥540(税込)が必要になります。

一般参加)¥3,780(税込)

【申込方法】
参加ご希望の方は烏丸予約ページよりお願いします。

用意するもの

・ヨガウエア、飲み物、汗拭きタオル

その他

※各種パスをお持ちの方もプラス¥540(税込)で受講出来ます。

講師紹介 KEI

KEI

KEI先生から一言メッセージ

人間を優しく見つめるアーユルヴェーダ。

ヴァータ、カファ、ピッタというそれぞれのドーシャ(=体質)は揺らぎ、重なり合います。その変化の様子も人それぞれ、みんな違います。

ふと立ち止まった時に、「自分らしくないことに、身を削り、心を砕いているなあ…」とよく気づくわたし笑  そんなわたしも、アーユルヴェーダの智慧を手がかりに「わたしらしさ」を日々探しているところです。

「わたし」を知るひとつのツールとして、ドーシャを読み解いていくのはとても興味深くて、面白いことです。アーユルヴェーダの世界をシェアして、みなさまそれぞれの世界観がどんどん広がっていけたら、とても嬉しく思います^ ^

» ホームへ戻る

MENU