Blog

KEIコラム#5

「雑誌と虚無感とニュートラル」

 

こんにちは、KEIです。

テラスヨガスタジオは4/1で四条烏丸スタジオに移転して3年目に入ります。
こんなに楽しくここでレッスンをさせてもらえるのも、生徒さんやスタッフさん、
それにオーナーのアキさんのおかげ。

今年度もどうぞよろしくお願いします。

 

2年前のリニューアルパーティでは、それはそれはハッピーな写真を撮っていただきました。

年度末や新年度を迎えるにあたり、なにかとバタバタとしていたのではないでしょうか。

 

わたしももれなく、なんだかんだとからだが忙しくて、
そこに思考がついていかなくて、フワフワした毎日でした。

 

年度末のレッスンで、生徒さんに、

「年度末だから仕事忙しくて~」

と言われて、あららそういえば年度末なんだ!と気付いたり、

 

「今日は満月ですね」

と言われて、月の満ち欠けなどにも目を向けていられなかった自分にハッとして、

 

その日の帰り、空虚感を埋めるように雑誌を買い、

 

さらにその日の夜に友人から、

「満月やな」

と言われて、またハッと思い出し(2回目)、
なんだかイライラしてたのは満月の影響かな、とふと感じたり。

 

自分のからだとこころを丸ごと受け止めていられなかったのだなぁ、
結果、空虚感が生まれてるのかな、と反省しきりでした。

 

自分の内側の空虚感は、

なんで生まれるの?

誰のせい?

埋めるためのものは自分の中にしかないのかな?

誰かのハッピーなひとことで突然埋まっちゃうことも。

 

いろいろ考えてみるけど、外側にあるなにかで自ら無理やりに埋めようとする行為は、
やっぱりズレが生じてしまうのではないかと思っています。

 

起きていることにじーっと目を向けていったときに、
すべてのものは絶え間なく変化しています。

からだや心ももれなく。

 

変化の渦のなかで、空虚感についてじっくり考えていると、
なんだかすっごくイヤになってきます笑。

考えすぎてよくわからなくなってきたら、やはりわたしはヨガをしています。
そうすると、ニュートラルな感覚を思い出します。

 

方法はヨガじゃなくても、お散歩や料理に読書、
とにかく自分が好きなこと、落ち着くこと、
心が反応することに目を向けてみるのも良いかも知れません。

 

自分がニュートラルで心地よくいられる感覚は、絶対に自分にしかわからないから☺

 

心に波風がたてばそのニュートラルな感覚から離れてしまったり、
またふとしたきっかけで戻ったり、それの繰り返し。
振り幅を少しずつ小さくできたらそれだけでマルマルマルー。と思いたい。

 

こうしてわたしは、買った雑誌を読み始めたのですが、

すでに持ってた雑誌だった、ちーん笑

 

 

さぁさぁ、春がやってきたよ。

 

ご自分の「ニュートラル」を探してみよう。

 

春のテラスはアキ先生の外ヨガから始まり、たくさんの
素晴らしいインストラクターがぞくぞくとみなさまにハッピーをお届けします。

 

みんなきてね☺

 

───・───・───

京都のヨガスタジオTerasu

───・───・───

地下鉄や阪急沿線からのアクセス抜群! お仕事やお買い物の前後に是非お越し下さい。

国際会館駅・松ヶ崎駅・北山駅・北大路駅・鞍馬口駅・今出川駅・丸太町駅・烏丸御池駅・四条駅・五条駅・京都駅・九条駅・十条駅・くいな橋駅・竹田駅 の各駅から沢山の方にお越しいただいております。

 

» ホームへ戻る

MENU