Blog

ヨガ哲学のお話②サティヤ(正直)

みなさん。こんにちは。京都のヨガスタジオTerasu スタッフ兼インストラクターのYUKAです。

前回(http://terasu.kyoto/blog/7716.html)に引き続きヨガ哲学のお話。今回は「ヤマ」の中のサティヤ(正直)について考えていきたいと思います。 
 
正直でいること、要するに嘘をつかないという事。ただし他人を傷つけるような事であれば真実でも言わず、言わない理由をしっかりと伝えるというのがヨガ哲学のサティヤ(正直)の考え方です。

”嘘をつかない”これは小さい頃から親や先生などいろんな人に言われてきたことで当たり前と言えば当たり前です。でもこの嘘をつかないって誰かに対してもそうですが、自分自身の気持ちに対しても嘘をつかないということが含まれています。

例えば何かやることを決める時、「自分はこうしたいけど周りの人が辞めた方が良いというから辞める」とか「自分自身はやりたくないと思っているけど周りがやるからやる」

もちろん人に合わせるという協調性は大切ですし、そういう場面も必要だと思いますので一概に他人の意見に合わせる事が良くないとは言えません。

でも自分の気持ちはさておき周りの意見だけで決めてしまったとしたら・・・それは自分自身に嘘をついているということになりますよね???

自分自身の気持ちに嘘をつかず正直になって判断するという事、そしてその思いを相手へ伝える事
、これがサティヤの実践に繋がるのだと思います。

嘘をつくことで他人を傷つけ、更に自分自身も気分が悪い状態へ・・・そう考えたら「嘘をつく事」は誰もハッピーにならないことだと改めて気づきます。今一度いろんな場面で何かを判断する時にまずは「自分自身に嘘をついていないかな?」と問いかけようと思います。

皆さんはどんな風に解釈されましたか?自分なりの解釈で良いと思いますので、必要だと感じる考え方があればぜひ日常生活に取り入れてみてください☆

最後に余談ですが・・・正直についていろいろと調べていたらこんなことわざが!

「正直は一生の宝」

これは”正直者は人から信頼され、それによって成功や幸福を手にすることができる”ということわざです。

ヨガの教えだけでなく、昔から言い伝えられていることわざの中でも「正直でいること」は幸せに繋がる大切なことだと教えてくれているんだなぁとまた一つ勉強になりました。

では本日はここまで。また次回お楽しみに(^▽^)
最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

~参考文献~インテグラル・ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スートラ

#ヨガ哲学 #ヨガスートラ

───・───・───

京都のヨガスタジオTerasu

───・───・───

地下鉄や阪急沿線からのアクセス抜群! お仕事やお買い物の前後に是非お越し下さい。

国際会館駅・松ヶ崎駅・北山駅・北大路駅・鞍馬口駅・今出川駅・丸太町駅・烏丸御池駅・四条駅・五条駅・京都駅・九条駅・十条駅・くいな橋駅・竹田駅 の各駅から沢山の方にお越しいただいております。

» ホームへ戻る

MENU