Event & Workshop

【10月28日29日30日】スワミ・アヌバヴァナンダ先生 瞑想ワークショップ

10月28日~30日の3日間、テラスで毎朝8時半から10時に、スワミ・アヌバヴァナンダ先生ガイドの瞑想クラスを開催。

スワミジは、瞑想は24・7とおっしゃいます。
いわゆる24時間365日、の意味ですが、常に目が覚めているときは、瞑想である、ということです。そもそも瞑想とは何でしょうか? 

瞑想の効果は、最近特に話題になっており、瞑想の実践によって心の平穏さを育むことが出来ると言われます。

心が穏やかになると、外側の環境にネガティブなことやストレスに感じることがあったとしても不必要に影響を受けにくくなり、「レジリエンス(回復力)」が高まると言われています。

今回、世界中を旅しながらヨーガの智慧、ヴェーダーンタ哲学の智慧を伝える著名なスワミ(インドの学術的な出家者)をお迎えして、実際に説明を聞きながら、自分の中に本来備わっている静けさの中に入っていく瞑想の実践を体験して頂きます。

ヨーガの経験の有無に関わらず、心の静けさを感じてみたい方、集中力を高めたい方、自分の中に幸せを感じたい方、など興味がある方はどなたでも1クラスからご参加頂けます。インドで学ぶ雰囲気をそのまま、京都で体感してください。

紅葉の美しい古都・京都に、県外からも是非お越し下さい。 なお、10月28日月曜の15時半~17時には、スワミジの講話クラスも開催予定です。こちらも内容が決まり次第、ご案内を致します。

詳細

【日時】

  • 10月28日(月曜日)8:30〜10:00‬
  • 10月29日(火曜日)8:30〜10:00‬
  • 10月30日(水曜日)8:30〜10:00‬

1クラスからご参加して頂けます。

【場所】 
Terasu烏丸スタジオ

【定員】 25名

【レベル】
オールレベル

料金】  

  • テラスメンバー
    1クラス¥3,850(税込)
  • 3日間まとめて受講割(メンバーのみ)
    ¥11,000(税込)
    ※一般の方はまとめて割り適応外になります。
  • 一般
    ¥4,400(税込)
用意するもの
  • ヨガウエア、又はゆったりとした服装
  • 飲み物
  • 汗拭きタオル
申込方法

下記の内容をご明記の上【Contact】にメールでお願いします。

タイトル:《スワミ・アヌバヴァナンダ先生 瞑想ワークショップ》※参加希望のタイトルを記入してください。

1. お名前
2. メールアドレス
3. お電話番号
4. 参加クラス

※送信頂いて3日以内にTerasuから返信がない場合はお手数ですがメールまたは電話にて必ずお問い合わせください。

入金方法 

▼振込先口座

みずほ銀行 新宿中央支店
普通)2864501
マツカワ アキヒロ

*振込手数料はご負担ください。
*本日より、1週間以内にお振込みください。
(開催直前の場合は至急お振込みください)
*お申し込み名とお振込み名が異なる場合は、【Contact】へご連絡ください。 

キャンセルについて

キャンセルの連絡は、【Contact】からのみ承ります。

電話や受付などではいっさい承っておりませんのでご注意ください
なお、キャンセルのメールを送信後、2日以内にTerasuから返信がない場合はお手数ですがメールまたは電話にて必ずお問い合わせください。

キャンセルのご連絡を頂かない限り、自動的にキャンセルになることはございません。
*早割りでのお申し込みは、キャンセル不可とさせていただきます。

キャンセル
– 14日前:0% (全額返金)
– 7-13日前:50%
– 6日以内:100%

講師紹介 スワミ・アヌバヴァナンダ先生

トラベリング・スワミ(スワミとは、インドの出家した僧侶の尊称)として世界中でヴェーダーンタ哲学を教えていらっしゃる、ムンバイ出身のスワミ・アヌバヴァナンダ先生が4年ぶりに再来日されます。

アヌバヴァナンダ先生の講話は、ユーモアたっぷりで思わず笑ってしまうことも多いのですが、とても深い知恵に満ちあふれ、すっと心の奥深くに洞察がもたらされます。特にバガヴァッド・ギータの講話は何千回もされたとのことで、深い話を子供にも分かりやすく説明されるような、とても素晴らしい先生です。

通訳 齊藤素子 先生

齊藤素子 Motoko Saito
富山医科薬科大学医学部卒 消化器・乳腺外科医 
 
2006年、ヨーガ・タイランド(現サマヒタ・リトリート)にてポール・ダラグハンに教えを受け、同施設で2007年、グルであるシュリ・O. P. ティワリ師と出会う。呼吸法は外科の術前術後の理学療法としての効果を期待して学び始めたが、自身の実践が深まるにつれ、身体以上に精神面での効果が高いことに気づく。
2011年3月、タイでの200時間のティーチャー・トレーニングを履修中に、東日本大震災が発生。 「大震災で心に深い悲しみを負った人々のために、ヨーガを伝えて欲しい」と直訴して、シュリ・O. P. ティワリ師の来日を招聘。
 
2013年5月、2015年6月の二度に渡り、自身が主宰する福井県のスタジオ、ヨーガ&ウェルネス・チャンドラにて シュリ・O. P. ティワリ師のプラーナーヤーマ・ワークショップを開催。
 
2016年7月、1100時間センタード・ヨーガ認定ヨーガ講師資格を取得(内700時間はシュリ・O. P. ティワリ師とポールによるプラーナーヤーマ・コースを受講) 
2016年11月からシュリ・O. P. ティワリ師の勧めにより、グジャラート・アーユルヴェーダ大学の医療従事者対象アーユルヴェーダ3ヶ月コースを修了。
現在は福井赤十字病院外科・岐阜市民病院女性外来・北淡診療所に非常勤医師として勤務、臨床医として働くとともに、病院内で患者・医療従事者対象にヨーガを伝える。
福井にてヨーガスタジオ・チャンドラを主宰。 
 
2012年11月からは、カイヴァルヤダーマを定期的に訪れ、シュリ・O. P. ティワリ師からプラーナーヤーマを学び続け、日本人対象コースのオーガナイズ&通訳などを通じて、伝統的なヨーガの普及に努めている。
 

ホームページ:Yoga & Wellness Chandra

» ホームへ戻る

MENU