Event & Workshop

【2月9日】Dance Flow 2020 〜I wanna be the minority〜

マイノリティーの何がいけないの?

カエルが緑って誰が決めたの?

私は黒いカエルとして生きる。

メジャーなものは信頼できるし、強い影響力を持っている。だから、自分の身をそこに置くことで安心感が生まれる。
でも、それが本当に私が私として生きるところなのか…

本来誰しも出発点はマイナーであったはず。
その他大勢の守りではない、私というマイナーの強さを信じて…

ヨガのアーサナをベースにしながら、モダンダンスの経験を生かした自由な動きで、ジャンルにとらわれない音楽と共に、それぞれのマイノリティーを表現していく。

自分の中にある固定概念を覆し、全てのものに与えられた自由の中で、自分のルーツへと戻っていきましょう。

詳細

【日時】
2020年2月9日(日)15:00〜16:30‬

【場所】 
Terasu烏丸スタジオ

【定員】 25名

【レベル】
オールレベル

【料金】  
通常扱い(通常チケット又は各種パスで利用可能)

※メンバー以外はドロップイン(1回券)3,300

用意するもの

・ヨガウエア、飲み物、汗拭きタオル

申込方法

予約サイトよりご予約ください。
参加ご希望の方は烏丸予約ページよりお願いします。

講師紹介 N.MARI

[sn]super.naturalアンバサダー

4歳でモダンダンスを始め、クラシックバレエ、ジャズ、その他様々なダンスを経験。身体を動かし自分を表現することに喜びを感じる。

夢は宝塚の舞台に立つこと。がむしゃらに走り続けた学生時代。

20代フランス・ドイツへ渡り、自己探求のきっかけを得る。 精神性の学びを深める中で、心と身体を繋ぐヨガに興味を持ち、ホットヨガスタジオに就職。その後フリーのインストラクターに転身。

ダンス経験を活かした自由でクリエイティブなフロースタイルのクラスを得意とする。

2019年京都市内に“自分にかえるヨガ”をコンセプトとしたヨガスタジオ、Yoga Space KAERUを立上げ代表を務める。
同年京都初の[sn]super.naturalアンバサダーとして契約し、関西を中心にイベントでクラスを担当。

若い世代の健康意識の向上や、豊かな社会を残していくことをミッションとし、地元京都を中心に活動。

» ホームへ戻る

MENU