Event & Workshop

延期【3月15日】特別クラス 春のアーユルヴェーディックヨガ 〜It’s never too late〜

素直に生きよう。

大自然はいつも変わらない姿で気づきを与えてくれるのに、私たちはなぜ「そのまま」でいることを不安に思うのだろう。 

じぶんの弱みや不得意なことをさらけ出すのはカッコ悪いことなのだろうか。外側と内側の境界線を作っているのはきっとわたし。
 
何にも縛られない、ハッピーなおバカさんでもいいのである。ずっこけていても失敗しても素直な人は美しく、その先にある光をつかむ。

固定概念を捨てシアワセをアップデートしよう、自分にオッケーを出そう。

ヨガとアーユルヴェーダという智慧を借りて、胸を開き、喉を開き、ダイナミックな春のフローヨガを体験していきます。

わたしたちの体の中にあるKapha(カファ、水)のエネルギーを調和してゆくヨガは、重だるく沈殿しているものを排出してゆく動きの多いものになります。

体が先か、心が先か、その瞬間を一緒に過ごしてみましょう。

こんな方にオススメ

  • 春に向けて準備をしたい方
  • 食べ過ぎたり、寝すぎたりしてしまう方
  • 心や視界がモヤモヤしている方
  • じぶんの幸せについて考えてみたい方
  • 花粉症など春に特有の重だるさがある方
詳細

【開催日】
2020年3月15日(日曜日)14:30〜16:00

【場所】テラス烏丸スタジオ
 
【定員 】20名
 
【レベル】 オールレベル
 

【参加料】

  • 会員 お持ちのチケット1回分
※パスの方も追加金無しで受講できます
  • 会員以外 ¥3,300(税込)

【用意するもの】
・ヨガウエア、飲み物、汗拭きタオル

お申込み方法 

予約システムからお願いします。

講師紹介 KEI先生

20代でヨガに出逢い、すーっと心身がほどけてゆく瞬間のとりこになる。 その後、会社勤めをしながらヨガを深め、内側から灯るあたたかいものを伝えたくて、本格的にヨガの活動をはじめる。 

ヨガの根底に流れている『ヨガ・スートラ』の教えを学び続け、じぶんらしく馴染むよう日々実践中。うつろいゆく世界の中で、頑張りすぎず、大地に守られていることを思い出しながら「わたしらしさ」を散りばめていくような時間の過ごし方を探していたときに、アーユルヴェーディックなヨガの世界に出逢う。

愛情をたっぷりと自分に向け、与えられたいのちを実感していく時、それぞれがどんなことを思い出すのでしょう。 とにかく早く、正しく、常に生産性の高いことを求められる現代。

がんばりすぎずに、ここぞという時に健やかに力が湧いてくるような、そんな「わたし」を耕してゆくヨガを一緒に味わいましょう。

» ホームへ戻る

MENU