YUKA

元プロバスケットボール選手

中学からバスケットボールをはじめ、高校から社会人の5年間、国体選手として京都代表になる。
大学では西日本大会で優勝。卒業後、プロバスケットボール選手としてプレー。

選手生活を引退後、何気なく始めたヨガでの体験がきっかけとなり、京都でヨガインストラクターとして活動。
現在はヨガの活動だけではなく、自身がプロとしてプレーしていた経験を活かし、母校で高校生にボランティアでバスケットボールを指導している。

今の自分自身を”認めてあげる・受け入れてあげる” そして再び自分自身を見つめ直した時、そこには未知の自分との出会いがあるはずです。
みなさんも私と一緒にもう一人の新たな自分と出会いませんか?

 

» ホームへ戻る