Blog

ヨガ哲学ヤマ④ブラフマチャーリヤ(禁欲)

みなさん。こんにちは。京都のヨガスタジオTerasu スタッフ兼インストラクターのYUKAです。

今回は「ヤマ」の中のブラフマチャーリヤ/禁欲について考えていきたいと思います。 ~参考文献~インテグラル・ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スートラ

ヨーガスートラの中では「禁欲つまり独身生活を確立することで、われわれはエネルギーを保存する」と説明されています。なかなかこの文章だけでは何が言いたいのか理解しがたいですよね。実際私自身も理解できているかわかりませんが、ヨーガスートラを読み進めて私なりに解釈したことをお伝えしようと思います。

まず私の解釈では言い方を変えると、生命の維持に必要で人間の最も根源的な本能だと言われている性欲をただ自分の快楽だけのために行うのではなく、コントロールすることが必要だと言うこと。そうすることによってエネルギーの無駄使いをせず必要な場所で必要なエネルギーを発揮できるということ。
 
要するに過剰な欲を出す事はエネルギーの無駄遣いをしている事に繋がると言っているのだと思いました。
 

なるほど。では私達は生きていく上でさまざまな欲(食欲、睡眠欲、性欲)を持っていますが、今回はいろんな欲の中でも特にわかりやすい食の欲を例に考えてみたいと思います。

食欲。

もちろん食べるという欲がなければ人は生きていけませんので必要な欲です。でもその欲が強すぎて必要以上に食べてしまったらどうなるでしょうか?

肥満になり生活習慣病になるなどさまざまな病気になるリスクが増えます。
また必要以上の食べ物を消化する為に、必要以上の生命エネルギーが使われ、本来使いたいところでそのエネルギーが発揮できなくなります。

要するに「生命エネルギーの無駄使い」それってもったいないですよね。今は食の欲について考えましたが他の欲でも同じことが言えると思います。

ということで、必要以上の欲を手放すことこそブラフマチャーリヤの実践に繋がるのではないかと思います。

そうすることでエネルギーの無駄使いがなくなると共に、今まで必要だと思い込んでいたものが実は必要でなかった事に気付けるのでないでしょうか。

欲のままに食べすぎていたお菓子を少し控える、もしくは食べることをやめてみる!すると食べなくても案外平気だったり逆に体調がよくなったり!?

もちろんお菓子は食べるなと言っているわけではなく、欲に負けず必要な分だけ食べることは悪いことではないと思います(^〇^)実際私もお菓子など甘いものが大好きなので食べ過ぎないように注意しながら楽しんで食べるようにしています(^-^;)

肝心なことは欲とうまく付き合い、コントロールすることができるか?なのだと思います。
  
 
  
それにしても・・・人間の欲って治まることがなく何か一つ手に入れたらそれに満足せずまた次の何かを手に入れようとする…どこまでも続きますよね。(笑)でもこれは人間の性質だから仕方のない事ですし、欲がなければ人は成長できないと思いますのである程度の欲は必要だと思っています。

例えば・・・バスケの試合でシュートを決めたい!かっこいいプレイがしたい!という欲がなければ努力もしないし成長もできない。 成長するために必要な欲もある!

あとはそれをコントロールする力。

改めて自分自身の欲と向き合いながら、不必要な欲を手放す事を心がけようと思います。みなさんはどう感じられましたか?書いている内容は私の解釈もありますので、興味がある方はヨーガスートラを読んでいただくとまた違った感じ方があるかもしれません☆彡

では本日はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました(^▽^)

 

#ヨガ哲学 #ヨガスートラ

───・───・───

京都のヨガスタジオTerasu

───・───・───

地下鉄や阪急沿線からのアクセス抜群! お仕事やお買い物の前後に是非お越し下さい。

国際会館駅・松ヶ崎駅・北山駅・北大路駅・鞍馬口駅・今出川駅・丸太町駅・烏丸御池駅・四条駅・五条駅・京都駅・九条駅・十条駅・くいな橋駅・竹田駅 の各駅から沢山の方にお越しいただいております。
 

» ホームへ戻る

MENU